スーさんのいえづくり

古民家リノベーションで理想の暮らしを叶えるブログ

【ショウルーム レポート】南青山のサンワカンパニーへ素敵なキッチンを見に行ってきた感想と見積もり比較

はじめに

こんにちは、スーです。

家のリノベーションをするにあたり、どんなキッチンにしようかな?

洗面台は?と考えるのはすごくたのしいですよね!!

 

そんな気持ちをさらに高めるために!

サンワカンパニーのショウルーム に行ってきました。笑

 

サンワカンパニーの商品はとっても素敵で、一見の価値はあると思っています!!

 

 

 

 

ショウルームへの行き方

サンワカンパニーは、大阪に本社を構える住宅機器メーカーです。

建材も取り扱っています。

 

扱っている商材はとてもおしゃれなので、インスタグラムなどにもよく出てきますよね。

インテリア好きな方には人気のあるメーカーだと思います。

 

今回行ってきたのは南青山にある東京ショウルーム です!

 

 

南青山ブライトスクエアビルの1〜2階に位置します。

f:id:Ordinary_days:20191104181843j:image

(出典:サンワカンパニーHP)

大通りから少し引っ込んだアプローチなので、一瞬見逃しそうになりますが看板は出ていますのですぐわかります。

 

 

f:id:Ordinary_days:20191112091406j:image

最寄りは東京メトロ銀座線「外苑前」。

1A・1B出口から徒歩1分の好立地。

 

f:id:Ordinary_days:20191112091431j:image

この近さ!

出口さえ間違えなければ、迷うことはないです。

 

 

 

綺麗なアプローチに向かっていくと、左手側にはカフェを併設。

f:id:Ordinary_days:20191110095641j:image

(出典:サンワカンパニーHP)

ここが受付かな?

と思うほど上品な佇まいでおどろきます。

 

 

受付は正面入口から入って右手側。

f:id:Ordinary_days:20191110095719j:image

(出典:サンワカンパニーHP)

こちらも綺麗なカウンターでセンスの良さが伺えます。

 

 

予約は必要?

基本的には予約制のようです。

ショウルームは年末年始や夏季休暇等以外は毎日営業(10:00〜18:00)しているようなのでおそらく飛び込みでも見学は可能ですが、アテンドしてもらいたいのであれば必ず予約が必要です!

 

電話予約とWEB予約どちらもありますので、使いやすい方で申し込んでみてください。

 

▽予約はこちらから

https://sanwacompany.resv.jp/reserve/calendar.php?categ_id=18

 

予約して行ったので、受付で名前を伝えるとすぐに素敵な笑顔のお姉さんが案内してくださいました。

 

 

 

 

サンワカンパニーのキッチンシリーズ

サンワカンパニーには全部で8種類のキッチンがありますが、高価格帯のシリーズや低価格帯のシリーズは候補ではなかったので、今回は特に人気の3シリーズについてレポートします。

 

・プレーンKミディアム

・シェリエレ

・グラッド45

 

ちなみにわたしがショウルームにお邪魔した時には、シェリエからシェリエレへの移行期間だったこともあって、シェリエレの展示はありませんでした。。。

(台風被害で工場が閉鎖してしまったとかで、販売自体もストップしていて半年待ちと言われました…。※今は復旧しています!)

 

なので直接見られたのはプレーンKミディアムとグラッド45の2つになります!

 

正直言ってシェリエ(レ)が第一希望だったので残念でしたが…。

でも、プレーンKミディアムを見て『ここがこう変わります』と教えてもらえたのでイメージはわかりました。

 

 

 

最もお求めやすい価格の『プレーンKミディアム』

f:id:Ordinary_days:20191110154817j:image

 (出典:サンワカンパニーHP)

 

プレーンKミディアムの特徴と魅力

一番の魅力はコストです。

サンワカンパニーのシステムキッチンの中で最もお求めやすい価格なのがこちらのシリーズ。(コンパクトキッチン除く)

 

最安値12万円代〜というとても魅力的な価格です。(下台のみの価格〜)

 

シンプルで無駄がない分、価格を抑えられますが、その代わりあまり細かいカスタマイズはできません。(キッチン幅や高さ等の基本的なところは選べます)

f:id:Ordinary_days:20191104182120j:image

引き出しの中も非常にシンプル。

他の国産メーカーによくある飛び出すポケットやスライド棚のようなオプションもありません。

 

 

f:id:Ordinary_days:20191112235150j:image 

ショウルームの一番広い位置にこのプレーンKミディアム(とこの隣にグラッド45)が大きく展示されていました。

 

 

これまではカラーバリエーションもなくホワイトのみだったのですが、2019年春より他の色も選べるようになっていました!

 

f:id:Ordinary_days:20191110164540j:image

(出典:サンワカンパニーHP)

 

これは嬉しい追加!

今まで木調に憧れてひとつ上のシリーズであるシェリエ(レ)を選択していた人も多いと思うので、ますますプレーンKミディアムの人気が高まりそうですね。

 

 

 

洗練されたデザインが人気の『シェリエレ』

f:id:Ordinary_days:20191110155525j:image

 (出典:サンワカンパニーHP)

 

※今回わたしはたまたまタイミングが悪くショウルームで展示品は見られませんでしたが、仕事で何度か現物は見ています。

 

 

シェリエレの特徴と魅力

かつての『シェリエ』シリーズがバージョンアップしたものです。

 

洗練されたデザインが人気のシリーズです。

サンワカンパニーのシリーズのデザインには共通していますが、取っ手をなくしたり、サイドパネルもかなり薄くシャープな印象を与えます。

巾木までステンレスでとてもおしゃれです。

 

 

f:id:Ordinary_days:20191110174132j:image

  (出典:サンワカンパニーHP)

 

他のメーカーではこの巾木部分を収納にしたりと かなり収納力を考えていますが、サンワカンパニーは潔いほどデザイン優先!ここは巾木の美しさ優先です。

持っているキッチン用品の量と相談ですね。

 

f:id:Ordinary_days:20191110180300j:image

   (出典:サンワカンパニーHP)

引き出しの仕様などは相変わらずシンプルですが、プレーンKミディアムと比べてスライドレールのグレードが上がっています。

標準でサイレントレールになるのはこのシリーズからですが、プレーンKミディアムでもオプション(1〜2万円)でサイレントレールには出来るので大きな違いではないと思います。

 

実際にショウルームで両方のレールを開け閉めしてみましたが、もちろん比べれば違いがわかります。

比べれば。笑

 

プレーンKミディアムの標準レールは確かに少し“安っぽい”印象を受けるので 長く使うならばサイレントレールがおすすめですが、標準スライドレールでも日常使用には全く問題はありません。

 

 

シェリエレはプレーンKミディアムに比べて選べるものが増えているのも嬉しいところですが、今まで一番大きい違いであった扉カラーの色味がプレーンKミディアムに増えているので、価格のことを考えると考え方は別れるかもしれません。

 

シェリエレはまた違った風合いの多くのカラーがあるので好みに合わせやすいのもうれしいポイント。

サンワカンパニーは床材や建具も販売しているので、トータルコーディネートを考えるが楽しくなります!

 

 

 

オールステンレスの美しさが際立つ『グラッド45』

f:id:Ordinary_days:20191110155728j:image

 (出典:サンワカンパニーHP)

 

グラッド45の特徴と魅力

オールステンレスが美しいグラッド45。

ステンレス好きにはたまらない存在感です。

 

たまにオールステンレスと歌っているキッチンでも扉を開けたらアレ?ということがありますが、こちらは収納の中までちゃんとステンレス。

徹底しています。

 

 

プレーンKミディアムでもシェリエレでもステンレストップは選択できますが、すべてヘアライン仕上げ。

 

ヘアラインはラインと異なる向きの傷は目立ちやすい難点があります。

より傷が目立たないバイブレーション仕上げはこのグラッド45からしか選べません。

f:id:Ordinary_days:20191110181823j:image

 (出典:サンワカンパニーHP)

 

ヘアラインも綺麗なんですけどね〜

ガシガシ気にせず使うなら断然バイブレーション仕上げがおすすめです!

(バイブレーション仕上げはオプションです)

 

 

 

 

f:id:Ordinary_days:20191110213602j:image

 (出典:サンワカンパニーHP)

 

ちなみにグラッド45のこだわりとしては、この角の出ているシンクも素敵なところ。

 

真四角な形がとても美しい!

まるでオーダーキッチンのようです。

 

主婦としてはこの角に汚れ溜まりそうだな〜と思ってしまうのですが(^^;)

このデザインのためならお掃除を頑張れるかもしれません!

 

 

 

 

f:id:Ordinary_days:20191112235048j:image

ショウルームの落ち着いた照明計画のおかげで写真が暗くて残念。

でも、このどこから見渡しても全てがステンレスの輝きは格別です!

 

もともとオールステンレスどころか天板も人大派のわたしですが、これを見て『ステンレスかっこいい!』と一瞬心が動きました。笑

 

 

 

 

 番外編 無印とコラボのキッチン

f:id:Ordinary_days:20191104182106j:image
無印良品とコラボしているシリーズも展示がありました。

受付のすぐそばに展示があったので、それなりに推している商品なのかもしれません。

 

面材に突板(表面だけだけど、本物の木)を使用していて、質感がとっても素敵でした!

 

サンワカンパニーと無印良品がコラボしてるなんてここへ来るまで知りませんでしたが、両社のデザインセンスは結構通ずるところがあるので 好きな方にはハマりそうです!

 

 

 

 

見積もりを比較してみた

サンワカンパニーのショウルームを訪問した翌日、見積もりと図面が届きました。

とても早い!

後に訪問したLIXILのショウルームでは即日もらえましたが、正直ここの1日はそんなに大差ないです。笑

 

 

先述した通り、シェリエ(レ)が販売中止期間だったため見積もり取得もできなかったので、プレーンKミディアムとグラッド45の2つの比較です。

 

ちなみに、W2700の見積もりです。

どちらも標準品にプラスして、

食洗機追加、サイドフード、浄水器追加、ガスコンロ の仕様変更をしています。

 

 

プレーンKミディアム

約64万円(税別、運送費、取付費別)でした!

本体セット:173000円 (人大カウンター。ステンレストップだったら、たしか▲20000円くらい)

食洗機追加(深型):132000円

サイドフード変更:122000円

浄水器一体水栓に変更:59800円

ガスコンロ変更(ハーマン):135000円

+もろもろ雑材等

 

 

グラッド45

約86万円(税別、運送費、取付費別)でした!

本体セット:400000円 (バイブレーション仕上げ。)

食洗機追加(深型):132000円

サイドフード変更:122000円

浄水器一体水栓に変更:59800円

ガスコンロ変更(ハーマン):135000円

+もろもろ雑材等

 

 

シェリエレはこの中間価格帯なので、75万円前後ではないのかな、と思います。

 

どちらもそれなりにオプションを設定してしまったので追加で40万円ほど上がっていますが、標準品のシンプルさで満足できればもっとぐっとお安くなります!

 

 

 

さいごに

サンワカンパニーは美しいデザインがこだわりのメーカーです。

ショウルームに行って、そのこだわりの強さとデザインへの自信がすごく伝わってきました。

 

標準品でも十分にデザインが洗練されているところがうれしいです。

 

ただし、デザインに自信があるゆえか、価格を抑えるための企業努力ゆえか、カスタマイズはとてもしづらいです。

もちろん、ある程度コンロをガスかIHか、カウンターを人大かステンレスか、等は選べるのですが、他のメーカーのように引き出しの順番を入れ替えたり、引き出しの中に飛び出すポケットやスライド棚等をつけたり…という特注対応はほとんど全くできません

 

特注になってしまいますが、、、、ということもなく、「できません」という返事ですから、企業として全く受け付けていないんでしょうね。

 

私の場合リノベーションということである程度現地の寸法に合わせて加工してほしかったので、、、サンワカンパニーのキッチンは採用が難しいかな?と思いました。

 

選べる仕様も他のメーカーに比べると少なかったり、収納力もやや劣ります。

 

そのあたりがネックになる部分ですが、それでもやっぱり、この美しいデザインは魅力的です!

 

ぜひお近くのショウルームで実際に目で見て触れて、その美しさを感じてみてください!

 

 

 

 

*その他のショールームレポート*

 

▽サンゲツ

 

▽akari (オゼキ)