スーさんのいえづくり

古民家リノベーションで理想の暮らしを叶えるブログ

ステンレス調のおしゃれでシンプルな水まわりアクセサリー類 5選

f:id:Ordinary_days:20201031214140j:image

こんにちは、スーです。

 

今日は我が家の水まわりのアクセサリー類を紹介します!

 

水まわりのアクセサリーは、比較的安価ですし、小さくて軽いので施主支給もしやすいですよね。

 

いろいろなデザインがあって選ぶのも楽しいと思います。

 

でも、だからこそ悩むところでもある

 

 

 

我が家はそんな中で、なるべくシンプルで飽きが来ないデザインを選んで取り付けました。

 

家のトーンがグレーなので、ステンレス調でグレートーンに合わせたシンプルなものたちをご紹介します。

 

 

 

洗面室タオル掛け

河淳 SC−099−XC

洗面所のタオル掛けはカワジュンのSC-099-XCです。

f:id:Ordinary_days:20201031095130j:image

カワジュンは色々なデザインがありますが、中でもシンプルなものをチョイス。

 

こちらのおすすめポイントは、ビス固定をした後にカバーをするように取り付けるので、どこを見てもビスが見えないところ。
f:id:Ordinary_days:20201031095117j:image

どシンプルだけど、こういう細かいところが気に入って採用しています。

 

 

 

 

 

ちなみにここは洗面ミラーを開けると当たってしまう位置なので…
f:id:Ordinary_days:20201031095146j:image

 

大工さんが涙目(緩衝材のシール)を貼ってくれました。
f:id:Ordinary_days:20201031095142j:image

少しデカい気がするけど…笑
タオルをかけていると気にならないのでまぁいっか!

 

▽造作洗面台についてはこちら 

\ あわせて読みたい /

 

河淳 SC−901−XC(特注)

続いて脱衣室のバスタオル掛け。
f:id:Ordinary_days:20201031095110j:image

こちらもカワジュンのSC−901−XCです。

 

洗面所のタオル掛け同様、シンプルなステンレス調をチョイスしました。

 

標準は45cmだけど、特注で長さが変えられるらしいので60cmにしてもらいました

バスタオル掛けにするには45cmってちょっと短めだからね

 

このバスタオル掛けは浴室扉の隣に2段つけてもらっています。

 

1段目は床から95センチ

f:id:Ordinary_days:20201031184256j:image

 

2段目は180センチです。
f:id:Ordinary_days:20201031095135j:image

 

下がわたし、上が夫のだっくん用です。

 

 

 

 

脱衣室の天井付け物干し

ナスタ エアフープ KS-NRP020-WGR

物干しはアクセサリーじゃない気がしますが笑

 

脱衣室には天井付の物干し金物もつけました。

 

ナスタのエアフープ
f:id:Ordinary_days:20201031095120j:image

シンプルでかわいいんですよね。

 

輪っかの部分が雨粒のようなデザインになっていてかわいいです。
f:id:Ordinary_days:20201031095106j:image

本体がホワイトで内側がレッド・グレーのもの、本体がブラックのものの3色展開です。

 

同じシリーズのポールも1本つけてもらいました。(別売)

 

 

 

楽天等でセットで買った方がお安いです。

 

 

f:id:Ordinary_days:20201031185758j:image

ここに物干しをつけたのは大正解で、

拭いたばかりのバスタオルの一時干し

洗濯機から取り出してハンガーにかけた時の仮干し

雨天時の室内干し

などなど、なかったら不便だったな〜!と思います。

 

 

 

トイレのペーパーホルダー

河淳 SC−453−CT

トイレのペーパーホルダーもカワジュンです。
f:id:Ordinary_days:20201031095113j:image

こちらもシンプルなものをチョイス。

品番はSC−453−CT

 

ペーパーを外すとこんなデザインです。

f:id:Ordinary_days:20201031190314j:image

※蓋を開けた時にリモコンに当たらないように取付高さは注意!

 

 

狭いトイレ空間でも主張しないデザインが魅力的です。

f:id:Ordinary_days:20201031190515j:image

 

 

 

アクセサリーにこだわっても、トイレのリモコンをスマートタイプにするのを忘れずに。
f:id:Ordinary_days:20201031095138j:image

生活感が出やすいところなので気をつけましょう。

 

 

\ あわせて読みたい /

 

 

洗面台の水栓

カクダイ VARUNA 193-001

洗面台の水栓もこだわりました。
f:id:Ordinary_days:20201031095054j:image

カクダイのVARUNA193-001

 

こちらもどシンプルな形がお気に入りです。
f:id:Ordinary_days:20201031095059j:image

海外製の似たようなカッコいいデザインのものだと10万円以上しますが、カクダイ製は3万円強くらい。

 

これなら手が出ます。笑

混合水栓なのでお湯も出ます。

 

 

難点は、首が振れないところと、ノズル式じゃないところ

 

↓この記事でも書いたのですが 実験用シンクは結構汚れが溜まりやすいので、お掃除の時にシャワーノズルがあったらよかったな〜と思いました。

\ あわせて読みたい /

 

 

 

おわりに

水まわりのアクセサリーは種類が豊富で、人の好みが出るところだと思います。

 

わたしも仕事柄いろいろいな商品を見てきましたが、どれも素敵で✨

 

 

その中でも我が家が採用したものはかなりシンプルな部類かと思います。

 

スッキリしたデザインで、飽きがこないものをお探しの方の参考になれば嬉しいです。