スーさんのいえづくり

古民家リノベーションで理想の暮らしを叶えるブログ

【TOTO 実験用シンクと病院用シンクの違い】実際に使ってみたメリットデメリット

f:id:Ordinary_days:20200929180559j:image

こんにちは、スーです。

 

インスタグラムなどでよく見かける『実験用シンク』と『病院用シンク』。

 

シンプルな見た目とお求めやすい価格で人気の商品ですが、2つの商品は混同されがちです。

 

実際 わたしも途中まで間違えてました…恥

 

 

そこで本記事では、

  • 『実験用シンク』と『病院用シンクの違い』
  • 実際に使ってみたメリット・デメリット

 

について紹介したいと思います!

意外と知られていない「取り付け方の違い」についても解説しています!

 

 

 

 

正式名称(品番)

そもそも、『実験用シンク』『病院用シンク』というの商品は商品名ではなく愛称です。

 

陶器製で、幅が大きくて深さがあることから、学校の実験室や病院で使われることがあり、その名で呼ばれているそう。

 

正式な名称と品番は、

実験用シンク…陶器製流し(SK6・SK7)

病院用シンク…病院用流し(SK106)

です。

 

広く親しまれている愛称なので検索結果としてはたくさんヒットしますが、メーカーへの正式な問い合わせ時には正式名称(品番)で伝えましょう。

 

 

『実験用シンク』と『病院用シンク』の違い

f:id:Ordinary_days:20200901160845j:imageではこの2つの違いについて説明します。

 

違っているのは3ポイント。

①寸法が違う

②フチの形状が違う

③取り付け方法が違う

 

①寸法が違う

実験用シンク SK6

幅76cm×奥行47.2cm×深さ16.5cm

 

f:id:Ordinary_days:20200901083213p:plain

 

 

これを基準に考えてみると、

大きさが(ほぼ)一緒で深さだけが異なるものが病院用シンク

 

 

病院用シンク SK106

幅76cm×奥行47.2cm×深さ22.5cm

 

 f:id:Ordinary_days:20200901084223p:plain

 

 

そして、幅と深さがひとまわり小さいのが実験用シンクSK7です。

 

実験用シンク SK7

幅61cm×奥行47cm×深さ15.2cm

 

f:id:Ordinary_days:20200901084152p:plain 

 

↓表にするとこんな感じ。

【比較表】 実験用シンク 病院用シンク
SK6 SK7 SK106
760 610 760
奥行 472 472 470
深さ 165 152 225
フチの形状 厚みがある 薄い

 

✓チェック
大きさで比較すると、大きい順から
病院用シンクSK106 >実験用シンクSK6 >実験用シンクSK7

 

なかなかこういう大きなサイズのシンクは探しても見つからないので、人気が高いんですよね。

 

 

②フチの形状が違う

また、見た目はどれも似ていますが、実験用シンクと病院用シンクではフチの形状が少し違います

 

こちらが実験用シンク

f:id:Ordinary_days:20200831233105j:plain

 

そしてこちらが病院用シンク。

f:id:Ordinary_days:20200831233119j:plain 

 

 

実験用シンクの方がフチが厚くて太いのがわかるかと思います。

 

シンプルさで比べるなら病院用シンクの方が上かな。

 

✓チェック
フチの形状が薄いのが病院用シンク、暑いのが実験用シンク

 

③取付け方法が違う

それからあまり紹介されていないのですが、これらは取付け方も異なります

 

 

SNSでよく見かける、カウンターに埋め込んで作るタイプは病院用シンクのみです。

 

※実験用シンクのカウンター埋め込み設置はメーカー側も正式に「不可」と回答しています。

f:id:Ordinary_days:20200901085134p:plain

https://qa.toto.jp/faq_detail.htm?id=80041&category=&page=1

 

 

 

実験用シンクは基本的に壁付けの固定金具がセットになっていて、その金具で固定します。

 

↓このように独立して使うのが正式な取付方

 f:id:Ordinary_days:20200831233105j:plain

 

でも、SNSを見ていると実験用シンクが埋め込みになっている写真もいっぱいあるよ?

物理的にはできてしまうんだよね。でも、カウンターの下でこの腕木金具をつけていないと、取付不備でメーカー保証は外れちゃうかも。

なるほど。リスクがあるのか。

しかも埋め込みを前提にしていないから、カウンターとフチの取り合いは綺麗に仕上がりにくいんだよ!

 

普通、埋め込みの時はSK106のようにフチが羽のようになっていて、ぴったりはまるのですが、実験用シンクはフチの形状がフラットではないのでぴったりはまりません

 

 

 

↓これが病院用シンク

 f:id:Ordinary_days:20200901090511p:plain

 

ポイントはこのフチの部分。

このフチの底辺部が水平であることによって、カウンターとピッタリ隙間なくはまるようになっています。

f:id:Ordinary_days:20200901091604p:plain

 

 

 

一方で実験用シンクの断面がこちらです。

前述したようにフチの形状が病院用シンクよりも分厚くてゴツイんです。 

 

f:id:Ordinary_days:20200901090644p:plain

病院用シンクと違ってフチの底辺部が水平ではない(斜めに傾斜している)ので、水平のカウンターとピッタリはまらないんです。

f:id:Ordinary_days:20200901091608p:plain

 

 

✓チェック
カウンターはめ込み納まりができるのは“病院用シンク”のみ!

 

実際、我が家もこの隙間を解消するためにシンクとカウンターの間には太いコーキングが。

f:id:Ordinary_days:20200901161019j:image

 

結局は隙間をこういう風に処理するしかないんです。

 

横から見るとこんな感じ。

f:id:Ordinary_days:20200901161040j:image

 

あとはこのフチのカーブに沿ってカウンターを削り込むしかないですが……現場でそこまで加工するのはほぼ無理です。

 

せめてやるとしても加工工場に出して作ってもらうのがいいところでしょうか。

その分の加工費用がかかりますけどね。

 

 

このコーキングが妥協できない方は埋め込みタイプにしないか、病院用シンクを選択する方が無難です。

 

✓チェック
実験用シンクをカウンターはめ込みにする場合は
・メーカー保証外
・太いコーキングで仕上がる

 

実際に使ってみたメリット・デメリット

f:id:Ordinary_days:20200901161119j:image

 

では、実際に使ってみてどうだったのでしょう?

 

我が家は当初一番見た目がスッキリした病院用シンクを検討していましたが、洗面台の全体バランスから深さを浅くすることにして、実験用シンクSK6を採用しています。

 

\ あわせて読みたい /

 

 

実際に使ってみたメリット

幅が広くて2人でも使いやすい

シンクの幅が広く使い勝手は非常にいいです。

 

蛇口は1つなので顔を洗うのは1人ずつですが、1人が顔を洗っている横でコンタクトを洗ったり、幅が広いだけで制約が減った気がします。

 

洗面台の幅にも依存しますが、多人数が同時に使う場合、前後に譲り合うのと左右に譲り合うのでは全然違います。

 

2ボウルの洗面台も人気だけど…

それだと費用が2倍かかるじゃん!そこまではかけられないよ!

という人にはこの幅の広いシンクはとってもおすすめです。

 

 

深さがあって色々な使い方が可能

このシンクのもう一つの特徴である深さは、魅力的です。

 

浅い実験用シンクでも15センチ、病院用シンクでは22センチもの深さがあり、使い方が広がります。

 

 

たとえば、大きさを活かして シンクにそのまま水を溜めて汚れた作業着や部活着など幅を取る洗濯物を手洗いすることも可能ですし、シンクが広いので隅っこに水を張ったバケツを置いて使うことも可能。

 

深さがあるので作業中に飛び散ることも少なくストレスが少ないです。

 

  

 

実際に使ってみたデメリット

勾配が緩く汚れが溜まりやすい

これは完全に使ってみるまでわかりませんでした。

 

このシンク、勾配がとてもゆるく、水は流れますが、汚れが流れにくいです。

きちんと水で流す作業をしてあげないと、すごく汚れやすい。

 

どんどん汚れていってしまう印象なので、気が付いた時にこまめに掃除をしてあげないといけません。

 

もちろん、陶器製なのでメラミンスポンジでさっとこするだけで綺麗になりますが、汚れ方はちょっと想像以上でした。

 

 

排水の音が大きい

水勾配が小さいためか、排水の水量が少ないからなのか、水を使った後、チョロチョロ、ゴボゴボ、結構長時間にわたり排水音がします

 

洗面室なので慣れれば気になりませんが、リビングや寝室と扉なしでの続き間にあったらちょっと気になるのかなぁと思います。

 

あまり流れない、となると何か固形物を流してしまった時や、詰まるリスクも増えるので、気をつけて使っていきたいですね。

 

 

オーバーフローがない

このシンクにはオーバーフローがありません。

 

オーバーフローとは水を一定量溜めた時に溢れるのを防ぐために開けられた穴ですが、その穴がありません。

 

水を溜めて使う時は、蛇口を開きっぱなしでその場を離れないよう注意が必要です。

 

 

水を溜める時に排水溝部分を触らなければならない

深さがあって水を溜めるのに便利ですが、排水溝を閉じる時、排水ボタンがあるわけではなく、排水溝そのものを触らなければいけません

f:id:Ordinary_days:20200901184209j:image

 

わかりづらいんですけど、ここをクルッと回すことによって排水溝の開閉ができます。

f:id:Ordinary_days:20200901184218j:image

f:id:Ordinary_days:20200901184222j:image

 

これ、地味に嫌だなと思っているポイントです(笑)

 

どう頑張ったって髪の毛とか汚れがたまるところなので、できればあまり触りたくないのですが、仕方ない。

 

どうせ水を溜めて使う前に掃除するから、ヨシとするか…

 

 

水はねはそれなりに

SNSでよく見かける水跳ねについては、許容範囲かと思います。

 

深さがあるので手洗いでは特に気になりませんが、高い位置からうがいをペッてした時とかはそれなりに跳ねますので要注意。

 

 

 

おわりに 

実験用シンクと病院用シンク。

SNSでも混同されて紹介されていることが多いので、注意するべきシンクですが、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で選択してほしいと思います!

 

せっかくシンプルで素敵な商品なので、後悔のないように選んでほしいです。

 

特に、実験用シンクを埋め込みで作ってもらう場合は、「正しい取り付け方ではない」というリスクを知った上でお願いしましょう!

 

 ↓実験用シンクSK6はこちら

 写真・図面参照元:https://www.com-et.com/jp/

 

 

 

\ こんな記事もおすすめ /