スーさんのいえづくり

古民家リノベーションで理想の暮らしを叶えるブログ

【山崎実業のtowerレビュー】シンプル・機能的・お手頃価格 のうれしい米びつ

f:id:Ordinary_days:20200816115330j:image

こんにちは、スーです。

 

古民家をリノベーションした新居に引っ越して数ヶ月。

 

家が広くなって買い足したものをご紹介します!

 

今日は、ずっと気になっていたtowerの米びつ

f:id:Ordinary_days:20200726101135j:image

 

マンション暮らしの時は米びつは使っていなかったのですが、収納スペースも増えたので購入することにしました!

 

 

towerを選んだ理由

米びつを買おう!と決めた時、ネットで色々探しましたが、

①見た目がシンプル

②我が家の収納の大きさと合っている

③お手頃価格なもの

というのがわたしの決めた選定条件。

 

それに合致したのがこのtowerというわけです。

 

 

見た目がシンプル

f:id:Ordinary_days:20200726101719j:image

ご覧のとおり、towerの米びつはとてもシンプルです。

 

余計なデザインが一切なくて、真っ白なのもうれしい。

 

引き出しの中にしまうつもりで購入しましたが、これなら出しっぱなしにしてもOKな見た目ですよね。

 

ちなみに色違いでブラックもあります。

f:id:Ordinary_days:20200726101850j:image

ブラックも素敵。

 

 

我が家の収納の大きさと合っている

うちは普段、5キロのお米を買うことが多いです。

(車を持っていないので10キロは重いし… 二人暮らしだと5キロを食べ切るのもそこそこ時間かかるし…)

 

なので、5キロの米がぴったり入る大きさ、というのがマスト!

 

その点この米びつはぴったりです。 

大きさはこんな感じ。

 

f:id:Ordinary_days:20200726152205j:image

5キロのお米の収納用の大きさです。

 

 

そして、もちろんカップボード内に収納されることも想定した高さになっているので、高さもちょうどいいです。

f:id:Ordinary_days:20200726150657j:image

 

我が家の造作カップボードにもこんな感じで無駄なく納まっています。

f:id:Ordinary_days:20200726151828j:image

これ、“無駄なく”ってとこがポイント!

 

大きくて入らないのは論外ですが、引き出しに入れたら微妙な隙間が出来ちゃう…というのも収納的にうれしくはないので、できるだけピッタリなものが理想です。

 

カップボードの大きさは大体奥行き45センチで統一されているので、引き出しの内のり35センチ前後であればちょうど良いでしょう。

 

正方形の米びつはこの収納内の納まりがイマイチで却下しました。

 

ちなみに冷蔵庫にもすっぽり入る大きさです。

f:id:Ordinary_days:20200726150702j:image

 

 

お手頃価格

安いものはもっと安いですが、ちょっとお洒落な米びつになると、一気に値段が高くなります。

 

7000円〜1万円超えなんてものも。

 

その点、towerは3000円弱とお手頃価格なのも気に入りました。

 

楽天のお買い物マラソンで購入したので、ちゃっかりポイントも貯めて。笑

 

 

米びつはそうそう買い換えるものではないとは思いつつ、これぐらいの値段だと安心して購入できて嬉しいです。

 

 

実際に使ってみた感想

いろいろ考えた結果選んで購入した towerの米びつ。

実際に使ってみると、思った以上に使いやすくて大満足でした。

  

5キロの米の収納にぴったりサイズ

そういう商品なのであたりまえですが(笑)、5キロの米を収納するのにぴったりです。

 

大きすぎても、小さすぎても使いにくいと思いますが、これは本当にぴったり。

f:id:Ordinary_days:20200726151828j:image

これが5キロを入れたばかりの様子ですが、計量カップも問題なく置いておけますし、無駄がなく米が収納できてる〜!という絶妙な大きさです。

 

蓋がクリアで残量が見えて便利

そしてお気づきでしょうか。

これ、蓋が透明なところがとてもいいんです。

 

米びつを開けなくてもお米の残量を確認できるので、別の用事でついでに引き出しを開けた時なんかに目に入って「あ、お米買わなきゃ」と気がつけるわけです。

 

「そろそろ無くなるな〜」と使う時には思ってもその後忘れてしまったりするので(笑)ありがたいです

 

パッキン付きの蓋が安心感あり

そしてこの蓋にはパッキンが付いているので、密閉ができて安心感があります

f:id:Ordinary_days:20200726161435j:image

閉まる時にパチンと音がするので、きちんと閉まっているかどうかもわかります。

 

ただ、ふたの蝶番部分

f:id:Ordinary_days:20200726170443j:plain
にお米が挟まってしまった時はパッキンが閉まらなくなり、地道に取り除くのは大変でした…苦笑

 

 

底の傾斜と計量カップで最後の最後まで使いやすい

最も感動したのは、底の形状です。

 

これ、最後の最後までお米がすくいやすいように溝があるんです。

f:id:Ordinary_days:20200611193647j:image

こうして…

 

f:id:Ordinary_days:20200611193653j:image

こう!!

 

流石に最後の1粒まで、というのは厳しいですが、ほとんどのお米を米びつを傾けることなく回収できるのはありがたいです。

 

計量カップもこれに合わせて四角い形状なので、よく考えられてるなあ…と思いました。

 

正直この機能は「ふう〜ん」くらいであまり気にしてなかったから、使ってみて感動しました。

 

他のサイズも多数

 towerの魅力について書いてきましたが、 towerの米びつには他にもシリーズがあります。

 

例えば、5キロのお米を袋ごと収納するタイプ。

 

これも結構便利そうなので購入の際悩みましたが、シンク下タイプと比べて高さがあることと、引き出し内に収納するので結局袋が見えてしまうなら袋だけでいいじゃん、と思ったことで却下しました。

 

 横から見ることが多い収納の場合はこちらもアリですね。

 

 

そして冷蔵庫にスリムに収納するこんなタイプや、

 

全部クリアなこんなタイプも。

 

 

シリーズ展開が多いのも、ぴったりの収納を見つける上ではありがたいことです。

 

米びつの購入を考えている方はぜひ、 towerの米びつを検索してみてください^^

 

 

参照:

密閉 シンク下米びつ タワー | 山崎実業コラム Simple Life Lab.生活雑貨・インテリア・キッチン収納情報